トップページアクセスリンクEnglish

卒業・修士・博士論文

博士論文

令和2年度

Kurniawan T. Waskito Prediction of Vertical Bending Moment Using Measured and Computed Wave-Induced Pressure Distribution on Ship Hull

令和元年度

Ardhana Wicaksono A Unified Computation Method for Seakeeping-Maneuvering of a Ship in Waves Using Slender-Ship Theory and MMG Model
Kyeonguk Heo A Numerical Study on Second-Order Hydrodynamic Force and Response of an Elastic Body by Using Higher-Order Boundary Element Method
北川 泰士 船舶の主機負荷変動推定のための波浪中プロペラ有効流入速度モデルに関する研究

平成30年度

飯田 隆人 Theory of Metamaterials in Water Waves -Cloaking and Negative Refractive Index-

平成29年度

Jie Zhang Numerical Study on Nonlinear Wave-Body Interaction in Time Domain Based on ALE-HOBEM

平成26年度

Muhdar Tasrief Improvement of Ship Geometry for High Performance in Waves by a Practical Integrated Optimization Method

平成24年度

Oleksiy Bondarenko Ensuring Safe Operation of Ship Propulsion Plant in Actual Seas
Faisal Mahmuddin Design Optimization of a Floating Breakwater

平成23年度

古池 健太 オンボードデータを用いた実海域船舶性能の統計的推定手法に関する研究

修士論文

令和2年度

金桝 直也 Improvement of Accuracy of Service Performance Simulation
小西 陽平 Improvement of Frequency-Domain Rankine Panel Method for Added Resistance
鈴木寛太郎 Unsteady Pressure Distribution on Actual Ship-Hull Surface - Model Experiment and Prediction by Enhanced Unified Theory -
竹中 康平 Estimation Error of Ship Shaft-power Function Based on Polynomial Kernel Regression Model
松本 隆登 Detection of Optimum Installation Location of Offshore Windfarm by Genetic Algorithm
森田 光稀 Wave Loads Evaluated from Measured Unsteady Pressure Distribution on Ship Hull

令和元年度

石川龍太朗 Statistic Identification Method for Ship Motion Parameters in Waves
馬詰 佳亮 Homogenization Technique for Wave Response of a Segmented Plate Floating on Fluid
花木 孝明 Statistic Shaft Power Component Analysis Considering Uneven Distribution of On-board Monitoring Data
三浦 颯馬 Measurement of Unsteady Pressure Distribution on Ship Hull and Its Use for Seakeeping Study

平成30年度

Dali ZHOU Numerical Calculation of Ship Hydroelasticity Using Enhanced Unified Theory
伊藤 勇介 Study on Added Resistance Using Measured and Computed Pressure Distributions on a Ship Hull
田口 正和 Experimental Study on Nonlinear Hydrodynamic Forces and Wave-induced Ship Motions
南條 泰杜 Statistical Decomposition of Shaft Power and Evaluation of Nonlinear Effect due to Waves
早津 尚昭 Prediction of Water Wave by Temporal-spatial Transfer Function
檜垣 岳史 Development of MPS Solvers for Free Surface Flow and Its Interaction with Elastic Structure
堀内 大暉 Development of an Integrated Simulation Tool for Floating Offshore Wind Turbines
周 銘淳 Prediction of Unsteady Wave Pattern and Associated Added Resistance by Higher-order Rankine Panel Method

平成29年度

Jianping MA Study on the Cloaking Phenomenon in Shallow Water Waves by Designing the Geometry of Seabed
浅海 太雅 Cloaking of a Vertical Cylinder Using Variable Bathymetry
大滝 真璃 Wave Loads Evaluated from Measured Unsteady Pressure Distribution on Ship Hull
田中 隆太 Nonlinear Effects on Hydroelastic Ship Responses with Forward Speed in Large-amplitude Waves
谷口 拓也 Time-Domain Green Function Method for Ship Hydroelasticity with Forward Speed
橋本 直哉 Long-term Recovery Power of Ship Motion Energy by Linear Generator
原  健 Integration of Time-Domain Green Function over a Panel Close to the Free Surface

平成28年度

鈴木 悠士 Ship Service Performance Considering Realistic Engine Operation
関  裕太 Spatial Distribution of Hydrodynamic Pressure on Ship Hull Surface in Waves
三木真理子 Cloaking and Wave-energy Absorption by Optimization of Motions of Multiple Floating Bodies
村田 直之 Long-term Prediction of Ship Responses with Service Performance Simulation
吉田 隼基 Rankine-panel Based Weakly-nonlinear Computation Method and Its Validation
渡邉 昂輝 Study on Service Performance of Linear Generator System Recovering Ship Motion Energy
Zhu Jin Improvement for Forward-speed Effect on Cross-coupling Radiation Forces in Enhanced Unified Theory

平成27年度

芦田 由一 Time-Domain Computation Method for a Floating-Type Platform of ComplexGeometry in Current and Waves
飯田 隆人 Study on Water Wave Cloaking: Calm Water Creation with Anisotropic Fluid
宝本  陸 Improvement of Wave Energy Absorption for Rotating Pendulum-type WavePower Generator with Latching Control Strategy
安田 栄史 Improvement of Frequency-Domain Rankine Panel Method in Low FrequencyRegion
横山 元気 Component Decomposition of Shaft Power by Orthogonal Regression Based onStatistical Independence

平成26年度

石上 恭平 Dynamic Analysis of Mooring Lines Attached to a Floating Body Using Lumped Mass Method
石上 雄貴 Time-domain Calculation of Motions of a Floating Platform of Complex Geometry for Renewable Energy Utilization
井上 恵太 Study on Recovery of Ship Motion Energy by Utilizing Linear Generator
岩根 亮平 Wave Absorption by Floating Columns with External Dynamic System
久峨慎太郎 Validation of Rankine Panel Method for Ship Hydroelasticity Analysis
渡邉 夏希 Stochastic Simulation of Sea-state Time Series for Voyage Simulation

平成25年度以前の修士論文は こちら を参照して下さい。

卒業論文

令和2年度

清水 敦彦 洋上風力発電事業に対する地域住民の受容度の分析
高岡 美那 波浪中船体動揺データの時系列解析による運動性能推定に関する研究
西谷  瞭 MPSを用いた浮氷によるスラミング荷重増加に関する研究
三浦 一樹 船体表面非定常圧力分布の計測とそれを用いた抵抗増加に関する研究
横谷 直樹 細長船理論による斜波中船体表面非定常圧力分布に関する研究
世良 知也 時間的・空間的に離散化された情報を基にした波動場の再現に関する研究
床並 健太 短期海象中の遭遇波と船体運動の同時発現確率に関する研究

令和元年度

植田 雄一 オンボードモニタリングデータを用いた船舶の実海域中での軸出力推定のための統計モデルに関する研究
梅尾 雅道 波浪による定常流体力に対する横流れ角の影響に関する研究
清水 俊孝 時空間インパルス応答関数を用いた水波の予測精度の実験的検証
横山 雄大 流体-氷-船舶の連成問題のための粒子法の高精度化に関する研究
寺田 蒼 波浪中抵抗増加の波高依存性が燃料消費量に与える影響
黒田雄一朗 洋上風力発電と漁業の特性に基づいた漁業補償額算定モデルの検討

平成30年度

金桝 直也 自走試験による実海域性能推定のための統計モデルの検証
小西 陽平 船体表面非定常圧力分布からみた波浪中抵抗増加に関する研究
崎本 博史 船体動揺パラメータの統計的推定法に関する研究
竹中 康平 実船モニタリングデータ解析における軸出力統計モデルの誤差推定に関する研究
松本 隆登 船の操縦運動における流体力への波浪影響に関する研究
森田 光稀 船体表面非定常圧力分布を用いた新しい波浪荷重評価法に関する研究
山本 隼輔 薄板によるcloakingを用いた広い周波数域での漂流力低減に関する研究

平成29年度

石川龍太朗 フーリエ級数展開を用いたランダム海象時系列の生成に関する研究
馬詰 佳亮 複数浮体による最大吸収波浪エネルギーの実効幅と指向性に関する研究
花木 孝明 オンボードモニタリングデータの統計解析に基づく実海域性能推定に関する研究
三浦 颯馬 船体表面非定常圧力分布のFBG圧力センサによる計測と数値計算

平成28年度

伊藤 勇介 追波中における満載・浅喫水状態での船体運動と抵抗増加に関する研究
田口 正和 船体運動における非線形影響に関する実験的研究
早津 尚昭 水波のインパルス応答関数に関する研究
檜垣 岳史 高精度化MPS法を用いた弾性体のスラミング現象に関する基礎的研究
堀内 大暉 浮体式洋上風力発電プラットフォームの運動特性解析に関する研究
宇野 健介 オンボードモニタリングデータの統計解析による海象のリアルタイム推定

平成27年度

浅海 太雅 複数浮体のRadiation問題におけるNear Motion Trappingに関する研究
大滝 真璃 ランキンパネル法を用いた船に働く波浪荷重の計算法に関する研究
谷口 拓也 時間領域グリーン関数法による前進速度を持つ船の流力弾性問題の研究
南條 泰杜 船舶の軸出力の成分分解に関する研究−主成分分析と直交回帰の利用−
橋本 直哉 非線形ばねを利用した船体運動エネルギー回収システムに関する研究
原   健 時間領域グリーン関数法を用いた複数浮体間の水波の相互干渉に関する研究

平成26年度

関  裕太 浅喫水状態における波浪中抵抗増加に関する研究
千本  進 時間領域グリーン関数と高次境界要素法を用いた浮体の流力弾性応答計算法
三木真理子 Diffraction 問題における Cloaking 現象に関する実験的研究
村田 直之 実航海における自然減速及び運航限界を考慮した船体応答の長期予測
吉田 隼基 時間領域での弱非線形ランキンパネル法に関する研究
渡邊 昂輝 船体運動のエネルギー回収システムに関する研究

平成25年度以前の卒業論文は こちら を参照して下さい。