トップページアクセスリンクEnglish

研究内容


 本研究室では,伝統的に船舶の波浪中推進・運動性能(これを耐航性能ということもある)の研究を行ってきており,その解析ツールを統合することによって,実海域での長期の「波浪中推進性能解析システム」の開発を行い,産学連携に貢献しています。

 さらに海洋エネルギー・海洋空間の利用に関連して,超大型浮体式海洋構造物の性能に関する流体力学・弾性力学的研究においても世界をリードしてきました。また,吸収式造波機を応用し,水槽内に任意の波浪場を長時間実現する研究も世界に先駆けて行っています。

 最近では,世界最先端の数値流体力学 CFD (Computational Fluid Dynamics) の技術を開発しながら,大振幅波浪中での船体まわりの強非線形流れや流体・構造連成に関する解析も行っています。

 最近の主な研究テーマは以下のとおりです。

  1. 強非線形流れに関する数値流体力学的研究
  2. 実海域における船の推進・耐航性能に関する研究
  3. 流体・構造連成解析法に関する研究
  4. 船の実海域航海性能の研究とオンボードデータ解析技術の開発
  5. 吸収式造波水槽を用いた任意波動場の実現に関する研究