分属が決定する流れ

分属について
地球総合工学科では、1年次終了時に船舶海洋工学科目、社会基盤工学科目、建築工学科目に分属(2年生以降の配属学科目の選択)が行われます。分属は、希望調査により振り分けが行われますが、希望者数が定員を超える場合は1年次に取得した科目(分属評価点の対象となる科目)の成績の総合点の順位によって分属が決定されます。分属希望調査は、入学後から定期的に数回行い、その結果は皆さんに公表しています。

最終の分属希望調査は3月前半に行われますが、それまでに1年次の成績にもとづく分属評価点と学年全体での順位をお知らせします。そして、1年次が終了する3月末に最終的な分属結果が公表されます。

したがって、船舶海洋工学科目に進むには、地球総合工学科に入学した後、1年次終了時に本学科目に分属される必要があります。

なぜ分属という制度があるのですか?
地球総合工学を学ぶためには、非常に幅広い知識が必要となります。
この分属制度では、社会基盤工学・建築工学といった関連分野の基礎についても1年間学び、
より広い見識・幅広い視野から自身の進むべき進路を決められる点がメリットです。
学年全体の分属希望の傾向を知ることはできますか?
他の学生がどの学科目を希望しているかについては、
1年生の4月、8 or 9月、1月にその時点での分属希望調査を行い、
それぞれの調査結果(各学科目の希望人数)を公表しています。
各学科目について、具体的にどのような教育・研究が行われているのか
説明を受けることができますか?
もちろん、受けられます。
1年次は、週に1回、地球総合工学全体について学ぶ授業が設けられており、
その中で各学科目にて行われている教育・研究の紹介があります。
船舶海洋工学科目への分属希望者は何人ぐらいですか?
過去3年間の状況では、
3月時点での船舶海洋工学科目への分属希望者数は
平均で約45人となっています。
2年生以降の専門科目は難しいですか?
船舶海洋工学では、流体力学や構造力学といった専門科目に加えて、
コンピュータ処理能力やトータルデザイン力など広範囲にわたる素養が求められますが、
真面目に授業を受けて努力を怠らなければ問題ありません。
船舶海洋工学科目には女子学生がどのくらいいますか?
過去3年間の状況では、
1学年あたり平均で約7名の女子学生が当学科目に在籍しています。